創設者メッセージ

グローバルアカデミー会長 竹内 弘高

グローバルアカデミー会長 竹内 弘高

2016年8月16日にグローバル・アカデミー(Global Academy)株式会社を設立しました。 日本人ひとりひとりが競争力・存在感を強め、グローバルに活躍してほしい。科学やスポーツの世界ではすでに現実になっているのに、ビジネスの世界では、まだそこまで至っていない。
そうであれば、”Enabling Japan to Compete (Again)”--ビジネスの世界でヒトに関する日本の競争力を再確立する--ことをハーバードでの教鞭を執り終えた後の自分のライフワークにしよう。日本に戻り、グローバル人材を大量に輩出する仕組みをつくろう。このミッションを実現するためにGlobal Academyを創設しました。

ヒトに関する日本の競争力を再確立するための解決策は何か。
日本特有のモノ差しで測るのではなく、真のグローバル・スタンダードに基づく基準を設定することが不可欠である。

幸いにも、この分野については、これまで自分がハーバードで培ってきたノウハウ・経験を活かすことができる。一方、従来の教室型の育成だけでは、大量のグローバル人材を輩出するには限界がある。AIやビッグデータなどを活用すれば、新たな学習の場を提供することができるのではないか。そうした思いで、最先端のテクノロジー分野に長けているパートナーを探してきましたが、教育業界及び教育ソフトウェア業界に長い間携わってきたエリック・ヤング氏という小生より20才若いアントレプルナーに出逢うことができました。
二人で力を合わせて、グローバル人材を大量に輩出する仕組みを創ります。文科省のような公的機関ではできない「グローバル人材認証制度」を2020年までに完成させ、稼働させます。この認証制度が出来上がる2020年までの3年間、Global Academyは世界で活躍するために必要な即戦力を鍛えるプログラムを御社の中堅社員及び若手社員向けに提供します。

これらの即戦力プログラムと2020年に始まる「グローバル人材認証制度」を通して、日本人ビジネス・リーダーの競争力・存在感の強化、日本企業・経済の持続的成長に貢献できると確信しています。
皆様のご理解とご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。